Reisetu

アクセスカウンタ

zoom RSS 論語の心理学:拾遺3; 憤ざれば啓せず(再訪)

<<   作成日時 : 2015/01/01 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 述而第7、8章(論語の心理学;解題4の追補)  子の曰く、憤せずば啓せず、悲んずば発せず。

 また取り上げます。

 論語解題で述べた孔子の教育指導法のエッセンスがこの文言に凝縮されていると言ってよい。つまり学習者のどうしても知りたいという情熱があってこそ学びが効果を持つのである。あまりにお膳立ち去れている授業は学者の学習努力を育てず、今はやりの生涯学習のバックグランドを損なうことにつがるのである。どうしても知りたいという意欲は学習者の側につよい問題意識があって初めて生まれいずるのである。幾つかの自己体験例を以下に紹介しましょう。

 1) ウインドゥXPのセキュリテーサポート停止に伴い、別のPCを購入したが写真付き年賀状作成のソフトを新しいPCで探し喘いでいた。息子がPCで同じ仕事をするのをわきで見ていて求めいるソフトが新PCに内蔵されていることを知った。
 2) ワイフが都心に合唱練習に出かける日には(週2回、コンサートが近づくと3回)、食事を自分で工面する。料理法を知らねばと、いわゆる問題意識を抱くようになり、日ごろのワイフの料理の仕方に注意をし、「ははーん、みそ汁にどんな順番で具を入れるとよいのかを知ることになった。具の入れる順番があることをはじめて知ることにもなった。大げさに言うと開眼”した。
 3) アマゾンで注文すると数日で本が届けられて便利だがしっかりと料金を取られる。無料にでの入取法はないかと思案していて、ふとそうだ近くの書店で注文すれば多少は時間がかかるものの、フリーで希望の書籍が手に入ることを思いつく。
 4) 車の後ろドァーをカギで開けて場合に、いざ発信となるとドァーをみんな閉めたつもりでも後ろドァーが開いていると赤ランプがつく。どうしてかなと思い、後ろドァーを閉める際にガラス戸を押し付けるようにしておけばよいのかなと考えたりもしたがうまくいかぬこともある。息子のやることを見て謎が解けた。後ろドァーだけをカギで開けるのはガラス戸を開けることになるからだと初めて知った。
 以上、時代遅れものの体験で、卑近な例の披露で恐縮いたします。

 効果的な学習法にはその前提にあるテーマなり課題について問題意識を予めに抱いていることが肝要なのである。
 孔子さまは200年も前にこのことに気づいていたとは驚く。孔子の言葉は今でも生きているのである。
しかしよく考えてみれば、孔子が述べたこの言葉の精神は我国の徒弟制においてすでに長く実践されていた教育・指導法と変わらない。師匠はいちいち細かく、優しくは教えない。弟子は師匠のやることを観察して学ぶことを求められていたのだ。上述したように問題意識も無くぼっーと、つまり漫然と師や先輩のやることを眺めているだけではことの神髄や要領を学び取ることができず、進歩は期待できない。そんな弟子はいずれ落後して去ることになるのだ。
 師や先輩の背中を見て学び取る方法が日本の伝統的な指導、教育法であった。師や先輩から見盗んでも学ぶ気概を勧めていた。親切丁寧な教え方を排し、学習者側の積極性を尊重した方法であったと言える(過去形で「あった」と言ったのは、アメリカ流教育法に追従している戦後の学校教育の方が幅を利かしているから)。

 (宮崎市定 現代語訳「論語」 岩波現代文庫も参照されることをお勧めします)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
憤せざれば啓せず。悱せざれば発せず。一隅を挙ぐるに三隅を以て反ざれば則ち復せざるなり。」アマゾンの消費税は日本国内に入らない(税制改正後は入りそう)。味噌汁は具を入れる順番以上に出汁と味噌を入れる順番が大切。今年も健康で頑張ってください。玲

2015/01/02 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
論語の心理学:拾遺3; 憤ざれば啓せず(再訪) Reisetu/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる