アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「教育」のブログ記事

みんなの「教育」ブログ

タイトル 日 時
論語の心理学:拾遺3; 憤ざれば啓せず(再訪)
 述而第7、8章(論語の心理学;解題4の追補)  子の曰く、憤せずば啓せず、悲んずば発せず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/01/01 23:02
遠野出身者の東京見聞128:子供は地域の宝
 子供は地域住民のみんなの宝であると実感したのは、20数年前に高知県勤務で赴任した年、地元のラジオ放送で耳にした山間部のある集落住民の語った言葉を耳にしたときである。同県の奥深い急峻な山間部では当時すでに過疎化がかなり進んでいて、若者の姿が少なくなっていて消防隊も組織できない有様であったらしい。しかしラジオでその老人は次のように語った。消防隊が組めない不便よりもっともっと辛いことは、子供たちの声が全く途絶えて我々老人だけ残り、いずれ世の中が消えてしまうのではないかと思うと、限りない淋しさに襲われ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/10/31 22:51
論語の心理学(補足);解題81:汝は画(かぎ)れり
 ぜん求が曰わく、子の道を説(悦)ばざるには非ず、力足たらざればなり。子の曰わく、力足らざる者は中道にして廃す。汝は画(かぎ)れり。(擁也第六12;正しくは手偏のない「擁」) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/18 22:41
遠野出身者の東京見聞108;朝青龍に「頑張れ」は禁句
 朝青龍の突然の引退表明につながった泥酔暴行事件の原因がフアンが呼びかけた激励・支援のことばであったとされる(2月4日スポーツ報知)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/06 11:58
遠野出身の東京見聞85;凡人鑑賞家の目
 全国内の美術館に分散収蔵されている内外名画200余点を一堂に集めて展示する展覧会を観に行って来た。 北は北海道から南は鹿児島県までから集められた名品を観ることが出来た。開催館が都立美術館であったので、有難いことに、国立系の美術館と違って割安のシニア券800円で楽しむことが出来た。雨の中にも拘わらずたくさんの入場者であった。  個人的には、カミーュ・ピサロの2点がとても気に入った。特に、緩やかに傾斜する牧草地が午後の陽を受けて輝いている様を描き取った、観る者に自分がその場にいて見ている気分に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/28 22:56
遠野出身者の東京見聞81;小学校英語教育
 平成11年度から小学校高学年生対象に英語教育が義務付けられることになったようである。これまでは中学校から始められていた英語教育を小学校からに早める早期化政策である。将来的には小学低学年にまで下げて行う計画でもあり、まさに英語の早期教育を国が打ち出してきた。  背景は察しが付く。高校全入、約半数が大学進学の時代で中学から始めて10年も英語教育をしているのに、大多数の者が国際語として英語を使いこなせない現状を憂い、今後ますます国際化進む世界で日本人が活躍して行くためには国民の英語力アップが焦眉の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/05 16:00
遠野出身者の東京見聞80;教員免許更新制(大幅更新)
 本年度から実施されることになった「教員免許更新制」に一言もの申したい。  文科省HPの説明を見ると、目的はこうなのだそうである。「その時々で教員として必要な資質・能力が保持されるように定期的に最新の知識・技能を身につけることで、“教員が自信と誇りを持って”児童生徒の前に立って指導できるようにするためである。」と。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 67 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/28 23:42
遠野出身者の東京見聞74;生涯学習への福音
 覚えが遅いほど生き残ると言うことが最新の脳科学研究で報告されている。「生き残る」の主語と」「覚えの遅い」の主語は違う。遅いのは学習者、生き残る方の主語は新生したニューロン(脳細胞)のことである。新しく生まれた脳細胞はこれが使われないままだと数週間で消滅するが、新しいことを学習するために動員されて活用されると消滅を免れて生き残ると言う、最新脳科学の研究結果である。直ぐ学習出来ることよりもマスターするのに時間の掛かる学習の方が新生した脳細胞の残存率を高めるという、覚えが遅い人にはとても嬉しくも勇気... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/29 12:25
遠野出身者の東京見聞70;狭山市の童句(土家由岐雄)と金子兜太編小学生の俳句歳時記(改題)
 日射しはすっかり春、桜は開花し、もう立派に花見の季節に入ったのに、風が冷たくて花を愛でる気になれない昨今の気象が続いたが、2日前から風が収まり安定した天候になった。春の好日和は人を外に誘い出す。近くのバス通りの街灯角柱に貼っている俳句が前々から気にはなっていたが車で通り過ぎるものであるから、充分に鑑賞が出来なかった。今日はじっくりと読もうと、徒歩で出掛けた。バス通りに面している町内会の方々が短冊にして貼っているもののようだ。通りを歩いて1本1本の角柱を見た中から、偏見と独断で選んだ幾つかの童句... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/07 12:09
遠野出身者の東京見聞68;難しい日本語(追加;「終活」って何?、ベースロード電源って何?)
 カタカナ語も日本語に分類されるとすれば、見て直ぐには分からない日本語が近頃目に付く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/20 10:50
遠野出身者の東京見聞50;画家の目
 絵が好きだからNHKの日曜美術館を欠かさずに観ている。中学生の時には学校代表で県の中学生美術展に出品したこともあったが成人してからは、観るだけの受け身の絵画愛好者である。自分でも描いてみたらと言われることがあるが専ら鑑賞家である。人目には受動的であっても、絵画鑑賞から収穫が大きい。身近なものに美発見の目を養って貰えることである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/24 15:20
遠野出身者の東京見聞45;飼い慣らされる環境
 買い物など外に出掛ける日常生活の行動空間で、勤め人を除けば大抵の人では筆頭に上げられるのが大型スーパー店ではなかろうか。退職して近くのスーパー店通いが日課になりつつある我が身に照らしてみると、どうもそのような感じである。  昼間の店内で見かける人々はいろいろな年齢層の女性客と、ご高齢の男女の老人がほとんどである。近くのスーパー店通いは私の日課になっている。ところが最近のスーパーはさらに大型してきている。店内にコーヒーショップのコーナーが設けられたり、幼児コーナーがあったりと、買い物がくつろぎ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 23:33
遠野出身者の東京見聞44;町村信孝に問う
 昨日と今日の新聞を見て、町村前官房長官に聞いてみたくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/08 15:17
遠野出身者の東京見聞10;国立新美術館
 ゴールデンウィーク最後のきょう、六本木の国立新美術館に第82回国展(国画会主催)を鑑賞しに出かけてきた。故黒川紀章の設計になる新美術館は陽光をいっぱい屋内に取り込む高い吹き抜けのホールに面して3階建ての展示室が並ぶ構造になっている。階段を下りて慣れない目には暗く感じられるホールを通って展示室に向かう造りの東京都美術館とは対照的な印象を与える。新美術館に不満が1つある。あのログマークは審美感覚の研ぎ澄まされている本邦を代表する芸術方々の創案によるものなのかと疑いたくなく様な、芸のない代物だと私に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/06 23:34
遠野出身者の東京見聞録; 2:遠野高校サッカー
 母校の遠野高校は地方の町にある小規模の公立学校である。しかし、サッカーでは県下の名門校である。全国的にも知名度が高い方である。私が学んでいた頃に居られた東大出身の英語教師が遠野高校サッカーの基礎を築かれた。サッカーは在学中から盛んであり、在学3年間の体育時間には冬期間もサッカーばかりやらされた。粘りと継続力からか、郷里を出て東京に勤めていた頃には新春全国大会に出場の報を聞くようになっていた。仕事の忙しさとそれからの疲労等から首都圏を会場にしているのに応援に駆けつけることをしていなかった。誠に不... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/16 21:08
論語の心理学;解題79:論語から見た孔子像
 論語の心理学シリーズの最後を飾るテーマとして論語から診た孔子像を考えてみたい。  内容を、弟子達から見た孔子像、世間が見た孔子像、孔子自身が自分をどう見ていたかの自己認識の3つに分けて述べる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/14 22:57
論語の心理学;解題78:孔子の文章表現法その3,対句表現の心理学的考察
 孔子の文章表現法について、最後に対句表現の効果を中心に心理学的視点から考察してみたい。  対句表現が好まれる理由として、対比して強調するから分かりやすいとう理由のほかに、一度聴いたら心に残って忘れないという記憶効果を挙げることができると思う。対句表現には記憶促進的または備忘録的な要素が幾つか含まれている。    1.少ない情報量でしかも分かりやすく分量の多い内容を伝える。  2.表現に視覚的、聴覚的にリズムがある。類語や対義語が使われてセットとになって目に   はいる。韻を踏んでいて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/12 23:19
論語の心理学;解題77:孔子の文章表現法(修辞学)その2
 今回は対句表現以外の表現特徴について述べてみる。類別化説明、比喩の利用、対比表現、短い文の4点である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/12 12:40
論語の心理学;解題76:孔子の文章表現法(修辞学)
 論語に載せられている孔子の語録を修辞手法の視点から分析してみたい。  結論から言うと、目立つのは、中国古来からの伝統的な手法である対句を多用していることである。対句は語格、文構造が同じか、類似する2つの文言を並置・対応して対照、対比、強調の表現効果を狙う技法である。文言の長さや音韻も対応させると効果がいっそう上がる。   例;月に群雲、花に風。 聞いて極楽、見て地獄。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/11 22:17
論語の心理学;解題75:孔子の問答法その2
 孔子の問答法の続き ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 23:20
論語の心理学;解題74:孔子の問答法
 孔子の教育指導の中核は弟子達との間に交わす問答にあると言える。従って孔子の教育指導法を問答法と表現してもよいだろう。  論語に記されている孔子の語録は、「子の曰わく」式で始まる言葉と師弟間の対話の2種が殆どを占める。弟子達はこの対話を通して孔子から教えを受けたと言っても過言ではないだろう。師弟の対話を弟子が師に問うものと師が発問して始まるものに分けて、孔子の問答法を整理してみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 17:34
論語の心理学;解題73:孔子の教育指導法その2
 師弟関係は師が主導するものであるからこれを教育者の指導態度といっしょにまとめて考えることにする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/07 14:05
論語の心理学;解題72:孔子の教育指導法その1
 孔子の教育指導法について数回にわたって書いてみる。彼の教授法の核心が問答法にあると考えるので、問答法に関しては何回かに分けて別に論ずるつもりである。今日はこれ以外の幾つかの彼の基本的な教育指導法をまとめてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/06 15:15
論語の心理学;解題68:君子は世を没(お)えて名の称せられざることを疾(にく)む
 君子は世を没(お)えて名の称せられざることを疾(にく)む。 (衛霊公第十五,20) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/29 17:57
論語の心理学;解題67:君子に三戒あり
 この論語解題シリーズの今後の発信予定をまず述べる。  論語の記述内容から見た、孔子の教育方法(問答法)と文章表現法(修辞法)及び、最後に人物像の3テーマを取り上げていきたいと思う。その前に、取りこぼしの若干の問題を扱うことにする。加齢に伴う発達変化のこと、交友関係のこと、それからこのシリーズで全く触れなかった物的豊かさ(富)の問題と死に関することの4点である。今回は発達を取り上げる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/27 19:24
論語の心理学;解題64:士、道を志して、悪衣悪食を恥ずる者は、
 士、志して、悪衣悪食を恥ずる者は、未だ与(とも)に議(はか)るに足らず。                                          (里仁第四,9)        道を目指す士人(社会的に尊敬される教養人)でありながら粗衣粗食を恥じるような者は、と もに語るに足りない。(金谷訳) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 15:50
論語の心理学;解題62:子張,禄を干(もと)めんことを学ぶ。
 子張、禄を干(もと)めんことを学ぶ。  子の曰(のたま)わく、多く聞きて疑わしきを欠き、慎しみて其の余りを言えば、則ち尤(とが め)寡(すく)なし。  多く見て殆(あや)うきを欠き、慎しみて其の余りを行なえば、則ち悔寡なし。  言に尤(とがめ)寡なく行(こう)に悔寡なければ、禄は其の中に在り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/22 22:41
論語の心理学;解題61:生まれながらにしてこれを知る者は上なり
 生まれながらにしてこれを知る者は上なり。  学びてこれを知る者は次ぎなり。  苦(くるし)みてこれを学ぶは又た其の次ぎなり。  苦(くるし)みて学ばざる、民斯(こ)れを下(しも)と為す。                                (季氏第十六,9) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/21 21:47
論語の心理学;解題60:子の曰わく、由よ、汝六言の六蔽を聞けるか
 子の曰(のたま)わく、由よ、汝六言の六蔽を聞けるか。対(こた)えして曰(い)わく、  未だし。  居(い)れ、吾れ汝に語(つ)げん。  仁を好みて学を好まざれば、その蔽や愚。  知を好みて学を好まざれば、その蔽や蕩。  信を好みて学を好まざれば、その蔽や賊。  直を好みて学を好まざれば、その蔽や絞。  勇を好みて学をみまざれば、その蔽や乱。  剛を好みて学を好まざれば、その蔽や狂。                              (陽貨第十七,8)  論語のこの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/21 15:14
論語の心理学;解題58:朽木は彫るべからず
 宰予(さいよ)、昼寝ぬ。子の曰わく、朽木は彫るべからず、糞土の「かき」は塗るべからず。 予に於いてか何ぞ誅(せ)めん。(以下省略) (公冶長第五,10)                 語釈; 「糞土」:ぼろぼろの乾いた土、「かき」(ワープロで出ない漢字):土塀のこと                                                          句の意味;宰予が病でもないのに昼から奥で寝ていた。先生が言われた、「腐った木に彫刻は出来ぬ。ボロ土の土塀は(築い... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/19 18:41
論語の心理学;解題57:如之何、如之何と言わざる者は、
 如之何(いかん)、如之何と言わざる者は、吾れ如之何ともすること未(な)きのみ。                                         (衛霊公第十五,16) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/19 12:41
論語の心理学;解題56:教え有(あ)りて類なし(有教無類)
 教えありて類なし。 (衛霊公第十五,39) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/18 21:32
論語の心理学;解題55:束脩(そくしゅう)を行なうより以上は、吾れ未だ嘗て
 束脩(そくしゅう)を行なうより以上は、吾れ未だ嘗ておしうること無くんばあらず。                                            (述而第七,7) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/17 17:04
論語の心理学;解題54:子の曰わく、予(わ)れ言うこと無からんと欲す
 子の曰(のたま)わく、予(わ)れ言うこと無からんと欲す。  子貢が曰(い)わく、子如(も)し言わずんば、則ち小子何をか述べん。  子の曰(のたま)わく、天何をか言うや。四時行われ、百物生ず。天何をか言うや。                                                            (陽貨第十七,19) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/15 14:47
論語の心理学;解題52:衆これを悪(にく)むも必ず察し
 衆これを悪(にく)むも必ず察し、衆これを好むも必ず察す。 (衛霊公第十五,28) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/13 16:13
論語の心理学;解題51:益者三友、損者三友
 益者三友、損者三友。   直(なお)きを友とし、諒(まこと)を友とし、多聞(たぶん)を友とするは益なり  便辟(べんへき)を友とし、善柔を友とし、便佞(べんねい)を友とするは損なり。                                                                                                                 (季氏第十六,4)                              ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/12 12:24
論語の心理学;解題43:季康子、政を孔子に問う
 1)季康子、政を孔子に問う。  孔子答えて曰わく、政とは正なり。子帥(ひき)いて正しければ、誰か敢えて正しからざらん。                                          (顔渕第十二,17)  2)季康子、盗を患(うれ)えて孔子に問う。  孔子対(こた)えて曰わく、いやしくも子の不欲ならば、これを賞すといえども盗まざらん。                                           (顔渕第十二,18)  3)季康子、政を孔子に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/06 14:29
論語の心理学;解題42:君子は人の美を成す
 君子は人の美を成す。人の悪を成さず。小人は是れに反す。 (顔渕第十二,16) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/05 12:06
論語の心理学;解題40:子、怪力乱神を語らず
 子、怪力乱神を語らず。 (述而第七,20) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/02 18:08
論語の心理学;解題39:子、四を絶つ
 子、四を絶つ。意なく、必なく、固なく、我なし。  (子かん九,4) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/01 12:58
論語の心理学;解題37:故きを温めて新しきを知る
 故(ふる)きを温めて新しきを知る、以て師と為るべし。 (為政第二,11) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/31 18:54
論語の心理学;解題36:これを知る者はこれを好む者に如かず(補足)
 これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。                                                    (擁也第六,20) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/30 14:07
論語の心理学;解題34:狂にして直ならず
 狂にして直ならず、「とう」にして「げん」ならず、「こうこう」にして信ならずんば、吾れはこれを知らず。                                         (泰伯第八,16)                           ワープロで打ち出せない漢字が3つあるので、まず字義の説明をする。                「とう」;人偏に「同」の字、無知、未熟の意味。                「げん」;「原」の下に「心」の字、おとなしく慎み深いの意味。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/26 21:25
論語の心理学;解題33:子は温にして激し
 子は温にして激し。威にして猛ならず。恭しくして安し。 (述而第七、37) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/25 12:34
論語の心理学;解題29:中人以上には、以て上を語ぐべきなり
 中人以上には、以て上を語(つ)ぐべきなり。中人以下には、以て上を語(つ)ぐべからざるなり。                                         (擁也第六,21) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/10 12:15
論語の心理学;解題28:顔渕、季路侍す
 顔渕、季路侍す。子曰(い)わく、なんぞ各々爾(なんじ)の志しを言わざる。  子路が曰わく、願わくは馬車衣「きゆう」(革製の上着)、朋友と共にし、これ破るとも憾み無けん。  顔渕の曰わく、願わくは善を誇ることなく、労を施すこと無けん。  子路が曰わく、願わくは子の志しを聞かん。  子の曰(のたま)わく、老者はこれを安んじ、朋友はこれを信じ、少者はこれを懐(なつ)けん。                                        (公治長第五,25) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/09 20:42
論語の心理学;解題25:三年父の道を改むこと無きを、孝と謂うべし
 三年父の道を改む無きを、孝と謂うべし。 (里仁第四,20) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/23 13:17
論語の心理学;解題21:三人行えば必ず師あり
 三人行えば必ず師あり。其の善なる者を選んで之に従い、その不善なる者は之を改む。                                       (述而第七,21)    三人で一緒に事を行えば、必ずそこに我が師として教えられるものが見つかる。良い手本となるものはこれを見習い、良くないものについては我が身に照らして必要ならこれを改めるからである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/20 15:33
論語の心理学;解題20:賢を見ては斉しからんことを思い、
 賢を見ては斉(ひと)しからんことを思い、不賢を見ては内に自ら省みる。                              (里仁第四,17) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/19 12:17
論語の心理学;解題18:朝に道を聞かば夕に死すとも可なり
 朝(あした)に道を聞かば、夕(ゆうべ)に死すとも可なり。 (里仁第四,8) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/17 21:27
論語の心理学;解題15:由よ、女(汝)に之を知ることを教えんか
  由よ、女(なんじ)に之を知ることを教えんか。之を知るを之を知るとなし、   知らざるを知らずとなす、是知るなり。 (為政第二、17)                「教える」;正しくは言偏に「毎」の漢字 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/14 12:15
論語の心理学;解題14:異端を攻むるは斯れ害のみ
 異端を攻(おさ)むるは斯れ害のみ。 (為政第二、16) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/13 11:59
論語の心理学;解題11:今の孝は是れ能く養うを謂う
 弟子のひとり、子遊が孝行について尋ねたのに対して答えて言われた。  「今の孝は是れ能(よ)く養うを謂う。犬馬に至るまで皆な能く養うことあり。敬せずんば何を以て別たん。」(為政第二,7) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/10 13:04
論語の心理学;解題9:人の己を知らざるを患えず
 人の己を知らざるを患(うれ)えず。人を知らざるを患う。 (学而第一、16) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/09 22:31
論語の心理学;解題8:吾れ日に三びた吾が身を省みる
 (高弟の)曾子が言われた、「吾れ日に三びた我が身を省みる。人の為に謀りて忠ならざるか、朋友と交わりて信ならざるか、習わざるを伝えしか。」 (学而第一、4) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/08 11:53
論語の心理学;解題6:年四十にして
 年四十にして悪(にく)まるるは、それ終わらんのみ。 (陽貨第十七,26) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/07 18:21
論語の心理学;解題5:唯上知と下愚とは移らず
 唯上知と下愚は移らず。 (陽貨第十七,3) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/07 13:21
論語の心理学;解題4:憤せずば啓せず
 憤せずんば啓せず。悲(正しくは立心偏に非)せずんば発せず。一隅を挙げてこれを示し、三隅を以って反(か)えらざれば、則ち復た(また)せざるなり。 (述而第七、8) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/07 11:52
論語の心理学;解題3:学びて思わざれば則ち暗し
 学びて思わざれば則ち暗し。思うて学ばざれば則ち危うし。 (為政第二、15) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/05 11:07
論語の心理学;解題1:吾れ十有五にして学を志す
 吾十有五にして学を志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従って矩を越えず。 (為政第二、4) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/03 13:20
狭山からご挨拶
 ご挨拶 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/03 11:48

トップへ | みんなの「教育」ブログ

Reisetu 教育のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる