Reisetu

アクセスカウンタ

zoom RSS シベリア慰霊訪問記 10. 拾遺三題(ドイツ人捕虜: 重要な追補ー日露関係)

<<   作成日時 : 2016/07/15 15:50  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 217 / トラックバック 0 / コメント 18

 1. ドイツ人捕虜の作業サボタージュ
 市川団長が最初に送られた収容所はシャスクマと言う山間の鉱山だった。この鉱山では日本人抑留者が来る前には、ナチス政権崩壊以前に捕虜になったドイツ人兵が働かされていたそうである。彼らは戦時捕虜に関するジュネーブ条約(1929年)のことを知っていたのであろう、無体な労働に抗議して作業サボタージュしてあまり働かない。ソ連側は作業効率が悪く困っていたが、連合国側に属している手前からドイツ兵のサボタージュを無下には強圧できぬ弱みがあったのだろう、そこで日本人抑留者を送り込んだのである。団長の体験談として前述したように、シベリア鉄道から降ろされて6日間も晩秋のシベリアの山野を徒歩行進をさせられてこの鉱山に連行された。この間ソ連側からは食料等必要品を一切支給なしだった。この事だけでもジュネーブ条約違反である。強制労働させらた鉱山で危険な坑内作業を強制され、80mの深さの竪坑の底に転落即死する犠牲者が出る。地獄の鉱山作業であったと団長さんが述懐している。当時の新生ソ連邦がこの条約に未署名だったという言い訳は聞かない、国際条約違反は明明である。さらにソ連の国内法にも違反している。旧ソ連は1931年に人民委員会中央執行委員会議決で決めた「軍事捕虜についての規定」の中で、「軍事捕虜は残酷な扱いや侮辱や脅かしを蒙ってはならない。」と規定しているそうである(杉戸健二「おろしゃ会会報第15号―第2次世界大戦後における日本兵シベリア抑留問題」)。これで明白なように、日本人強制抑留および過酷なる強制労働は国際法的にも旧ソ連の国内法でも、はっきりと違法、不法であり、国家として品格も気品も良心も欠く暴挙であったと結論できる。
 スターリンは日本将兵を自然環境の厳しいシベリアおよび西南ロシアに拉致同然に連行抑留し、鐡道や市街地造り等の建設の労働者として酷使したのである。彼は北海道を貰えぬなら戦勝者の戦利品として代わりに日本兵の労働力の提与を連合国側に要求した。米英などの連合国側はスターリンの要求に同意を示さなかったが、さりとてこれを強く拒絶もしなかったのでスターリンは、欧州戦線での大量戦死者で国内インフラ建設の労働力不足を、武装解除で無手になって抵抗する術がない満蒙、樺太、朝鮮半島および中国大陸の大量の日本将兵の利用して補おうと、強引にかつやすやすと戦利品たる日本将兵を強制抑留したうえ強制労働をさせたのである。非道貪欲なスターリンの悪智慧で6万人を越える犠牲者を出す結果になる。
 スターリンの死後、スターリン批判が起こり、スターリンの遺産に当たる文物の撤去がかなり激しくなられたようである。現ロシア大統領の肖像が東シベリアの辺境の山村役場にも掲げられているものの、何処にもスターリンの影が見当たらない。レニーン立像はよく目にしたがかっての専制帝王ともいうべきスターリンの肖像や立像はこの度のシベリア旅行中は全く見かけなかった。しかし、スターリンの完全撤去で歴史の清算が済んだと言えるのであろうか、少なくとも我が日本に対しては清算も贖罪も終わってはいない。
 抑留日本兵は捕虜ではなかった。ソ連そして今のロシアは捕虜でなかったから国内法違反に該当しない、j戦時捕虜に関するジュネーブ国際法にも違反していなかったと抗弁するだろう。しかしこんな詭弁のボロが現れている。シベリア抑留者帰還船の陸上地であったの舞鶴市が申請した「シベリア抑留資料」のユネスコ世界記憶遺産が登録されたら、プーチン政府高官が「政治利用だ、ユネスコに政治を持ち出すのはけしからん」と日本政府に抗議し、登録の即時撤回を求めて来た(産経ニュース;'15年10月15日電子情報)。この高官のオルジョニキゼ氏はさらに、抑留者は大戦後の1948年から同6年に帰還した軍事捕虜である」と語っている。ならば日本将兵の抑留はジュネーブ条約と国内法とに違反した不当なものであったと認めたことになる。馬脚を現したのだ。
 新生のロシアでも国際法無視のスターリンの暴挙に対する反省が微塵もみられない。プーチン率いるロシアには期待が出来ない。 しかし日本人が建造または建設した建物や鉄道等のインフラの恩恵は、しっかりとちゃかりと享受しているのだ。したがって、少なくとも次の4点のことは受け入れて日本側の要請に是非応えて欲しい。
 @. 日本人の慰霊碑や墓地の管理の徹底と未だ見つからない犠牲者の遺骨の収集への積極的な協力
 A. 強制労働に対する適正なる賃金の支払いと抑留者から没収した金品の返還
 B. 過酷な違法労働に対する謝罪と補償
 C. 戦後70年以上になるのに日本政府の要求に応えずにある千島列島4島(北方4島)の即時返還。返還された4島には軍事基地を置かず、日露米の3ヶ国に開放して鈴木宗男の発想に沿って友好の島にする。軍事基地にしなければ米国も極東アジアの安定につながるから歓迎こそすれ、反対はしないであろう。
 上記4点に応えてこそ日露関係の発展的展開が始まるのである。日本海を挟んでお互いに「アムール」と友好の挨拶を交わし合えるのだ。物心両面の交流を通じて日露両国が国益を得ることが出来よう。例えば、日本の開拓技工を取り入れて不毛の大地を肥沃な耕作地にすることが出来よう。ロシアの動力資源を日本がコストを下げて輸入出来る事だろう、何も危険が多くかつ輸送コストのかかる中東から輸入することがない。米国は、近年東シナ海と南シナ海への道理を弁えない横暴なる進出を日本、ロシアと歩調を合わせて抑え込むことが容易になろう。ゆったりと流れる広大なるアムール河を眺めていると楽観的な物の見方をする。

 追補《H28年9月3日: 安倍総理がハバロフスクでプーチンロシア大統領と会談したというニュースを今夕のテレビで見た。安倍さんは日露の経済の発展に日本が積極的に協力することを伝えた。当初は北方4島問題に触れぬと言う事であったらしいが、経済協力だけで北方4島を脇に置いたのでは食い逃げされるだけの経済交流となり、多少の経済的利点がわが国もあるとしてもわれわれ日本人としては頂けぬ日露関係改善だと思っていた。しかし安倍総理は北方領土の返還問題にも言及したと今日のテレビ放送で知って安堵した。プーチンは北方4島問題は解決するべきけ両国間の問題であると言明したとのこである。ロシア大統領曰はく、どちらも痛まない解決をしようと。それならどんな解決があるか。北方2島返還をして友好条約を結ぶことか、またロシアが日本の存在を重視し、4島返還と出るか。領土拡大に貪欲なロシアには、最後のことはまず期待が出来ないだろう。ならば痛み分けの策はあるのか。あると小生は確信する。以下に説明しよう。
 北方4島を日露で共用し、4島は民事関係に限定した利用とする。換言するば軍事関係の施設など軍事基地、拠点としては使用しないことを堅く協約する。こうすれば友好国アメリカが差し出がましい物言いはしないはずである。前節に主張した思想の発展したアイデアである。是非この策を対露平和条約の基本と方針とされることを安倍総理大臣に提言します。
 
 2. ハバロフスク州の海外留学奨励金
 ガイドのヴェリューナさんから聞いたことであるが、海外留学生は超国、韓国が多く日本への留学生は少ないと言う。理由は、中国や韓国への留学申請は試験なしでパスとなるが日本留学では厳しい視覚試の合格しなくて奨学金を貰えないからだそうである。彼女の女友達が日本留学中であるが、自分は海外留学は考えていなと私のちょっと立ち入った質問に答えていた。ヴェリューナ嬢からもロシア語発音の個人指導を頂いた。もし来日する機会があったら連絡していくださいと、Eメールアドレスを教えた。
       スパスィーバ、ザフィ―   ジェーヴシカ ヴェリューナ (いろいろ有難う、 ヴェリューナお嬢さん)

 3. 健老(造語;健やかに老いる》の秘訣
 この度のシベリア慰霊訪問旅行ではずいぶんと沢山のことを学び、たくさんの事で啓発される実り多い旅であった。最後に述べ加えたいことは、90歳で矍鑠として我々を率いて下さった市川団長の健やかに老いている姿から考えた健老の術,秘訣のことである。
 これまで健老のお手本にし来たのは、週3日通っている水泳クラブで一緒の85歳になられる方である。入念なストレッチ体操をする準備運動、25mプールに入る繰り返しターンをして泳ぐ。若者並に泳いでいる。もう一人のお手本もいる。かって外科の研修留学で英国に長年在留し、帰国の年に双胴艇を購入して地中海をクルーズされたと言う某国立大医学部名誉教授である。現在は信州八つ岳西山麓に民家を自分で改装した別宅に住まいされている80歳を越えた方である。日課のサイクリングを欠かさず、未完成の改装作業をし、楽器を奏で、近くの温泉にしたる生活をされている。時々、遠来の外国人や小生らのようにな来客を迎えており、退屈はしていないようである。
広い庭には苔蒸す大きな自然石がまるで庭師が並べた如きに自然の妙なる配置に在る。この庭の手入れもしている。上記のお三方、特に団長さんを参考にして健老の秘訣なることを考察してみたい。
 団長さんの健老の秘訣を4件にまとめられると思う。
 @. よく食べる。しかも肉をよく食べる。若者に劣らぬ食べ方である。
 A. 体を動かす。毎日約1時間半のウォーキングををすると話していた。今も約2反の畑で作物を作っているそ うである。この度の旅行で目撃したが、シベリア鉄道の長時間停車中にホームに出て腕立て伏をしていた。チタ空港のターミナル開場前の時間を利用してこれまた外に出て腕立て伏せをしていた。
 B. 家の籠らず、社会に出て社会奉仕など社会活動を積極的に行う。団長は当協会の静岡県支部長役を務ている。また、自宅の敷地前を流れる天竜川支流の清流をわざわざ駐車場まで拵えて市民サービスをしているそうである。
 C. 家族との仲の良い関係を維持する。シベリア鉄道乗車中も、ホテル宿泊中も朝夕に元気かと携帯に息子さんの家族から声が掛っていた。あの山間の地獄の鉱山跡に親孝行の息子さんが団長に同行して慰霊訪問をしたことがあるそうである。
 D. これは私見として挙げる要件で、人前で口にしにくいことであるがあるが、本人からすれば深刻な事である。
    生理的諸条件を調えること。人がいくら高邁なることを言っていいても所詮は、生理のインキューベターの中で保護され守られている生き物である。快食、快便、快眠はもとより、老衰の極みで避けがたいことは下の物の管理、コントロール困難である。これの制御に努める事あが大事である。快便と言うが出過ぎは困る。老衰に病が加わると始末に負えなくなり、「おもらし」となり、それまでの矜持も威厳も、自負も品格、気品人格さえまでが吹き飛んでしまう。人間の尊厳はもう消え去ってしまう。肉親から厄介者扱いされ、孫たちは離れる。ペットさえ悪臭を嫌がって近づかなくなる。もう人間でなくなる。上記の健老手本のお三方は心配無用かもしれないが、凡庸なる老人は上の警告を肝に銘じて、日頃から括約筋鍛錬を怠りなくすることをお勧めしたい。小生は前立腺ガン摘除手術でにゅ世話になった防衛大病院泌尿器科で教えられた括約筋訓練をトイレ使用の度に実行し続けている。
 私はピラミットモデルと自称している生き方を信条として暮らしている。基底にボディー(Body)、その上にブレイン(Brain)、最上層にマインド(Mind)のピラミット構成である。ボディーがぐらついたら上層の二つがぐらつくのだ。そうなると、高邁なる精神、高貴なる心情、鋭利なる知性は期待が出来なくなる。最上階の脳(ブレイン)は体内総血液量の約2割を消費する、血に飢えたる臓器である。この吸血脳に栄養と血液を存分に補給し続けることが健老の基本であると思う。

         平成27年9月20日   夕空に富士山のシュルエットが鮮やかな武蔵野にて

                                                   菊池禮司


 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 217
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい内容です

すばらしい
2016/12/16 15:23
良い紀行文です。
のぷ
2016/12/16 15:25
すごい
いい
2016/12/16 15:28
読み応えある
ぽん
2016/12/16 15:29
ソビエトに思いをはせます。
きく
2016/12/16 15:30
頑張
レミ
2016/12/16 15:31
いつも楽しみにしてます。
風邪
2016/12/16 15:38
お兄さんとの語らいを!
ぴぴ
2016/12/16 15:39
遠野は良い所ですね。
いなかもの
2016/12/16 15:42
ありがとう😊
あき
2016/12/16 15:43
感謝
感謝
2016/12/16 15:43
良いですね
良いですね
2016/12/21 20:31
素晴らしい
素晴らしい
2017/02/11 21:26
素晴らしい内容です。
シベリアに想いを馳せて
2017/02/11 21:29
良い
良い
2017/04/28 20:20
様々な事があった歴史に想いを馳せます。
お兄様の面影に想いを馳せます。
2017/04/28 20:24
わかりやすい
具体的でわかりやすい!
2017/10/06 23:19
興味深い内容です。
興味深い
2017/11/24 19:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
シベリア慰霊訪問記 10. 拾遺三題(ドイツ人捕虜: 重要な追補ー日露関係) Reisetu/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる